リッチフィールド そごう西神店

【兵庫県・神戸市】神戸の繁盛店が西神SOGOに4店舗目を出店!

店内

神戸を代表する人気店「リッチフィールド」が、西神ベッドタウンの中心駅にそびえたつ西神SOGO店へ2018年8月に4店舗目を出店した。

店舗面積18坪のスペースを確保し売場に12坪を使用。

これだけの広さにも関わらずショーケース2台と5台の什器を埋め尽くすほどの商品力で魅力的な商品が並ぶ。

PROFILE

住所:兵庫県神戸市西区糀台5丁目9−4

電話:078-992-5700

営業時間:10:00~19:30

定休日:西神そごう店に準ずる

平面図
地図

 

特グランドリビナ3型 3000mm

ショーケース

引き込み型の店舗であるが通路いっぱいいっぱいに外向きに洋生ケースを配置。

遠くからでも目につきやすい様にショーケースの全高を高くした。

壁面売場ならではの特権である。

ケーキ

棚間隔を広くとることによってケーキが奥の方まで見えてボリューム感が出る。

 

ショーケース

生ケースの右側には多段棚を設け焼き菓子の単品やラッピングのギフトの詰め合わせをディスプレイして、華やかさを演出している。


 

非冷ギフトケース 2700mm

ギフトケース

お客様を売場の一番奥に引き込んで真正面に配置されたフォーマルギフトケース。

入口側には比較的買いやすい価格帯の商品を展開しお客様の導線に沿って最終レジ横に配置されたここにたどり着く。

ギフト
ギフト
バウム

リッチフィールドのギフト構成比の4割を占めるバウムクーヘンがギフトケースの半分のスペースを使ってディスプレイされている。

ショーケース庫内 背面にはバウムクーヘンをイメージさせる森林や木の切り株の画像で商品を引き立てている。

ギフトケースは季節の変化性を魅せる1番の舞台である。


 

ギフト

生ケースから 回り込んだ売場入口右手には平台がL字型に配置され様々な手土産ギフトがちょうど取りやすい高さで積み上げられている。

ギフト

平台上部はディスプレイケースになっておりギフト商品の中身を見せ内容もしっかりPOPで説明されている。非常にわかりやすく買いやすい。

バウム
バウム

売場入口左手にはブランチバウム専用什器を配置。

多段棚の手に取りやすい高さに5種類のブランチバウムと2個セットのBOXが並べられ、その下には商品の中身を見せたディスプレイケースになっている。


 

バウム
バウム
バウム

その並びにもギフト商品の棚が設けられ売場の奥へと引き込む導線になっている。

壁面には大きな商品の画像が貼りつけられ購買欲が掻き立てられる。

店内

売場の中央には平台を配置し回遊して売り場全体を見せる導線になっている。

かごを片手に焼き菓子やコンフィチュールの単品がチョイスできる。

かりんとう

人気の新商品「WAREかりんとう」(@620円)は食感が新しく、胡麻・黒糖の2種類の味が楽しめる。

店内
福原シェフ

ギフト、焼き菓子の構成比が全体の70%、主力商品であるバウムクーヘンと乳菓の構成比が全体の50%を占める。

ギフト以外の焼き菓子では従来のバラの焼き菓子のみならず、おやつ感のある、かりんとう、甘納豆、ようかんなどの商品も発売予定である。

それはお客様がギフト購入目的でなくてもリッチフィールドに寄ってみたいというプラスアルファの引力を構築していきたいという想いからである。

リッチフィールド福原シェフのお客様と同じくらいに社員スタッフも大切にするという姿勢が発展につながり男気を上げている。