カカオマーケット

【京都府・京都市】マリベルニューヨークが 新ブランドを祗園四条にオープン!

『マリベルニューヨーク』はNYタイムズが最も美味しいと評した セレブ御用達のチョコレート専門店。

2012年に日本1号店をオープンすると またたく間に全国から買い物に訪れる大人気の店に。

2013年9月2日には 『カカオマーケット』という 新ブランドで京都祇園四条にオープンをした。

PROFILE

住所:京都市東山区常盤町165-2

TEL:075-533-7311

営業時間:AM11:00~PM8:00

定休日:火曜日


 

① 特冷蔵上下間仕切り 2400mm 
(上段:生ケーキ0℃仕様、下段:チョコレート18℃仕様)

メインケースの上部には3種類の「カンノーロ」(@368円)、4種類の「ティラミス」(@2,100円)、7種類の 「コンフィチュール」(@1,050円~1,470円)を、下段には10種類のガナッシュと4種類のプラリネ、5種類のフルーツディップ、3種類のトリュフ、薄くて大きいチップスを割って、量り売り販売をしている。

チョコレートをもっと美味しく、もっと自由に楽しんで頂くため、欲しい量だけ買うことができる量り売りスタイルの店。

厳選したオーガニックのドライフルーツに、一番相性の良い高級なクーベルチョコを贅沢にディップ。

へーゼルナッツやアーモンドなどを練りこんだプラリネにサクサク食感のフレークがアクセントに。


 

② 冷凍ジェラートケース 1200mm

着色料、保存料を一切使用していない10種類のオリジナルジェラート。

厳選素材を惜しみなく使用した濃厚で贅沢な味わいが楽しめる。


 

売場の中央に設置されたチョコボールの量り売り販売什器。見た目も可愛いディスペンサーを回すとチョコボールが出てくる仕掛け。

懐かしいブリキの缶に10種類の中から好きなフレーバーを選んで好きなだけ入れる。チョコボールの弾ける音も楽しめる。

天井を見上げると天使が什器の上からチョコレートを注ぎ込み、ガラスケース内の天子の羽を伝ってチョコボールが出来上がっていくというイメージのディスプレイ。

壁面にはヨーロッパ調のアンティーク家具に、10種類のクッキー(@315円~1,050円)、4種類の「スプレット」、7種類の「チョコレートルーラー」(@1,575円)チョコレートと相性の良い5種類の「オーガニックティー」が整然かつお洒落に並べられている。


 

入口を入って正面奥にはフード&ドリンクのテイクアウトコーナー。

本格的な味をラフに楽しむのがニューヨークスタイル。

3種類のサンドウィッチと2種類のブリトーに2種類のスープ。

わくわくがギュッと詰まったランチボックスをはじめ、本格的な味わいのデザートなどマーケットならではのメニューが気軽に楽しめる。

マリベルでも人気がある、本格的で濃厚な味わいのホットチョコレートをお好みにあわせて量り売り。

飲み物としては勿論、焼き菓子やソースなどの製菓材料としても利用されている。

ドリンクは他にもティー、コーヒー、エスプレッソ、スムージー、ブラッドオレンジジュース、ジンジャエールもテイクアウトで楽しめる。

記 2013年